遺留分

  遺留分とは、一定の法定相続人に法律上認められる、最低限の遺産取得割合をいいます。

そして、遺留分を侵害された相続人は、遺留分侵害額請求という訴えを提起することにより、遺留分侵害額相当の金銭の支払を請求することが認められています。

 

・遺言書で、長男に全ての財産を相続させると書かれていた。

・被相続人が、不動産のほとんどを愛人に生前贈与していたことが判明した。

 

このような場合、遺産を相続できないこととなった法定相続人は、どのように保護されるのでしょうか。

以下のページにて、遺留分侵害により生ずる問題にどう対処すればよいか、ご説明いたします。

 

遺留分侵害額請求されたら

遺留分侵害額請求するには

遺留分侵害額請求をされないために

0120-115-456 受付時間 平日9:00〜19:00 土曜日相談実施

メールでのご予約も受付中です

相続無料相談会

第二・第三土曜日に開催中! 場所:東大阪法律事務所/奈良法律事務所

詳しくはこちら