民事信託の活用事例

民事信託を簡単に説明すると、

 

「ある特定の財産を、委託者(自分自身)が受託者(信頼できる人)に託して名義を移転し、信託契約で定めた目的に従って管理してもらうこと。そして信託の利益を受託者(利益を受ける人)に利用させたり、給付したりすること。」

 

です。

遺言や後見制度を補完するメリットだけでなく、中小企業の事業継承にも活用されるケースがあります。

 

本記事では、民事信託を活用した事例をケース別に紹介致します。

以下のリンクをクリックいただくと、それぞれのケースの解説ページに移動します。

 

~子・孫のために~

~配偶者のために~

~親のために~

~自己財産の管理・運用、相続のために~

~後の世代に託したい~

~事業信託~

 

The following two tabs change content below.

黒田 充宏

大阪府大阪市生まれ。総合ゼネコン勤務後、司法書士合格後 司法書士事務所勤務を経て、司法試験合格。東大阪と奈良に拠点を構え、地域密着型で相続案件のサポートにあたっている。相続案件の解決指針として、人間関係に配慮し、被相続人の意思を尊重することをモットーとしている。
0120-115-456 受付時間 平日9:00〜19:00 土曜日相談実施

メールでのご予約も受付中です

相続無料相談会

第二・第三土曜日に開催中! 場所:東大阪法律事務所/奈良法律事務所

詳しくはこちら