解決事例

2022年11月30日

No.135  女性・相談内容:相続放棄事件⇒弟について相続放棄申述の申立てをした事案

相続放棄申述事件 ・事情  以前、被相続人の債務超過を理由に配偶者と子が相続放棄されたところ、次はお姉さん方が相続人となりました。配偶者の方達のご紹介を受けて、同様に相続放棄を依頼なさいました。   ・結果  家庭裁判所に相続放棄申述の申立てをし、問題なく受理されました。   ・解決ポイント  配偶... 続きはこちら≫

2022年11月09日

No.134  女性・相談内容:相続放棄事件⇒交流のなかった父親について相続放棄申述の申立てをした事案 事案

相続放棄申述事件 ・事情  両親の離婚後、依頼者の父親とは交流がなかったところ、再婚後の家庭から、父が亡くなり、相続手続きについて協力してほしいとの連絡が入りました。元から相続放棄するつもりであったため、相続放棄の申立てを依頼されました。   ・結果  家庭裁判所に相続放棄申述の申立てをし、問題なく受理されま... 続きはこちら≫

2022年11月02日

No.133 男性・相談内容: 相続放棄申述事件⇒ 依頼を受けてから約1週間で相続放棄申述の申立てをした事案

相続放棄申述事件 ・事情  依頼者の方の母親が多額の債務を残して亡くなられたところ、依頼者の方の父親について相続放棄の申述の申立てを依頼されました。   ・結果  ご依頼を受けた6日後に、家庭裁判所に相続放棄申述の申立てをし、その7日後に、家庭裁判所において相続放棄の申述が受理されました。   ・解... 続きはこちら≫

2022年10月26日

No.132 男性・相談内容: 相続放棄申述事件⇒ 三世代にわたって相続放棄の申述をした事例

相続放棄申述事件 ・事情  依頼者のお子さんが多額の債務を残して亡くなられたため、ご両親、お二人の祖母、ご兄弟三人について、順に相続放棄の申述の申立てをしました。   ・結果  債権者のうちの一社から、全ての相続人についての相続放棄の申述を求められため、ご両親、お二人の祖母、三人のご兄弟について、順に相続放棄... 続きはこちら≫

2022年10月12日

No.131 女性・相談内容: 遺留分侵害額調停事件⇒ 遺留分侵害額請求調停により250万円を取得することができた事例

遺留分侵害額調停事件 ・事情  依頼者のお祖母様がお亡くなりになり、依頼者の妹に全財産を渡す内容の遺言書がありました。もっとも,お祖母様の遺志に合致していないと考え,調停を申し立てることになりました。   ・結果  相手方は,相続預金を引き出したり,私的な支出を必要経費であると主張していましたが,そちらは不適... 続きはこちら≫

2022年10月05日

No.130 女性・相談内容: 遺言執行事件⇒ 遺言執行した事例

遺言執行事件 ・事情  弊事務所で公正証書遺言を作成されていた方(依頼者のお姉様)が亡くなり,弊事務所の弁護士が遺言執行者に指定されていましたので,遺言執行を行うことになりました。 ・結果  依頼者は法定相続人ではありませんでしたので,法定相続人の方々に対し,遺言執行者に就任した旨の通知を送りました。 また,主な財産は... 続きはこちら≫

2022年09月28日

No.129 女性・相談内容: 相続放棄事件⇒ 早期に相続放棄ができた事例

相続放棄申述事件 ・事情  「実は事業用の借金がある。私が死んだら相続放棄してほしい」とおっしゃってお父様が亡くなられました。法定相続人である配偶者と子供2名が相続放棄をすることとなりました。亡くなってからの処理に追われ,亡くなってから2か月経ってからのご来所となりました。   ・結果  受任から早期に申し立... 続きはこちら≫

2022年09月21日

No.128 女性・相談内容: 遺産分割調停事件⇒ 遺産分割調停により約870万円を取得することができた事例

遺産分割調停 ・事情  依頼者の方のお母様がお亡くなりになり、マンションや預貯金などの遺産があったところ、依頼者を含め4人の兄弟の間で遺産分割協議ができなかったことから、遺産分割調停を申し立てることになりました。   ・結果  依頼者は、ほぼ要望のとおり、870万円余りの預貯金を取得することができました。... 続きはこちら≫

2022年07月20日

No.127 男性・相談内容: 遺産分割調停事件⇒ 調停により1000万円以上の金銭を獲得することができた事例

遺産分割調停 ・事情  被相続人が2人(分かりやすくするため,お祖父さん,お祖母さんとします)いて,被相続人には子が2名いました。依頼者は,子の内の1人(ただし,故人。Aさんとします。)で,代襲相続人の立場で遺産分割協議を相手方と行っていました。   ・結果  お祖母さんの件では,特別受益には当たらないとの主... 続きはこちら≫

2022年07月13日

No.126 女性・相談内容:遺言無効確認等事件⇒遺言無効を争った事例

預金の払い戻し ・事情  相続人が子2名であったところ,被相続人が遺した遺言書が,認印が押してあるだけの手書きでの訂正でした。  訂正の内容が依頼者に有利であったため相手方は承服せず,遺言の訂正が有効かをめぐって訴訟になり,ご依頼となりました。    ・結果  遺言の訂正は有効との主張は認められませんでしたが... 続きはこちら≫

0120-115-456 受付時間 平日9:00〜19:00 土曜日相談実施

メールでのご予約も受付中です

相続無料相談会

第二・第三土曜日に開催中! 場所:東大阪法律事務所/奈良法律事務所

詳しくはこちら