遺留分減殺請求

2023年06月28日

No.147  男性・相談内容:遺留分侵害額請求事件⇒ 遺留分侵害額の請求を受けた依頼者に代わって相続人らとの間で合意を取りまとめた事例

事件 ・事情  依頼者の方は被相続人からその遺産の全部の遺贈を受けましたが、他の相続人から当該遺言は遺留分を侵害しているとして遺留分侵害額の支払を求められたことから、相続人との対応を依頼されました。     ・結果  遺産の総額から遺留分侵害額を計算し、各相続人に遺留分侵害額を通知し、各相続人の同意... 続きはこちら≫

2023年06月21日

No.146  女性・相談内容:遺産分割事件⇒ 兄の死亡による遺産分割の協議をした事例

事件 ・事情  依頼者の方は、兄が亡くなられ、兄は預金を残されていましたが、依頼者にはほかにも兄弟がおられたものの、最近は連絡を取られていなかったことから、弁護士に遺産分割の手続を依頼されました。   ・結果  依頼者の兄弟の方の住所を調査した上で、遺産分割についての意向を伺う文書を送付しました。その方々の意... 続きはこちら≫

2023年04月05日

No.142  男性・相談内容:遺留分侵害額請求事件⇒包括的に相続した相続人に対して、他の相続人が遺留分侵害額を請求した事案

事件 ・事情  親の遺言により、3人兄弟のうち一人が遺産をすべて相続しました。残りの兄弟二人は、自分達にも権利があるはずだと考えて、法律事務所に相談に来られました。   ・結果    弁護士が就任し、依頼者に6分の1ずつ遺留分侵害額が存在することを主張して、調停を提起しました。しかし、相手方は、相続人のうちの... 続きはこちら≫

2023年02月22日

No.138  男性・相談内容:遺産分割協議書作成等事件⇒遺産分割協議書作成や口座の解約手続などを代行した事案

事件 ・事情  依頼者は、独身の叔母様が亡くなられ、共同相続人間で特に争う場面ではなかったのですが、用意する書類や遺産分割について、弁護士を入れている方が共同相続人みなが納得しやすいであろうとのことで、遺産分割協議書作成や口座の解約手続などを代行を依頼されるためにご来所になりました。   ・結果  被相続人の... 続きはこちら≫

2023年02月15日

No.137  女性・相談内容:遺産分割協議書作成等事件⇒被相続人が韓国国籍の遺産分割協議書作成などを代行した事案

事件 ・事情  依頼者は、韓国国籍のお父様が亡くなられ、共同相続人間で特に争う場面ではなかったのですが、韓国の相続の場合、どのような書類を用意し、どのように遺産分割をすればいいのか知りたいとのことで、相続人全員(配偶者及び子2名。内1名は帰化済み)でご来所になりました。   ・結果  韓国に関する戸籍について... 続きはこちら≫

2023年02月08日

No.136  男性・相談内容:遺産分割協議書作成等事件⇒遺産分割協議書作成および遺産の分配手続きを代行した事案

事件 ・事情  依頼者は、伯母様が亡くなられた件で、ご相談になりました。 分割の方向性自体には共同相続人間で争いはなかったのですが、ご自身で他の共同相続人の方と協議すると感情的になって話が前に進まないとのことで、弁護士が代行して、遺産分割協議書の作成に始まり、合わせて、不動産の相続登記、銀行預金の解約手続き、株式の名義... 続きはこちら≫

2022年11月30日

No.135  女性・相談内容:相続放棄事件⇒弟について相続放棄申述の申立てをした事案

相続放棄申述事件 ・事情  以前、被相続人の債務超過を理由に配偶者と子が相続放棄されたところ、次はお姉さん方が相続人となりました。配偶者の方達のご紹介を受けて、同様に相続放棄を依頼なさいました。   ・結果  家庭裁判所に相続放棄申述の申立てをし、問題なく受理されました。   ・解決ポイント  配偶... 続きはこちら≫

2022年10月26日

No.132 男性・相談内容: 相続放棄申述事件⇒ 三世代にわたって相続放棄の申述をした事例

相続放棄申述事件 ・事情  依頼者のお子さんが多額の債務を残して亡くなられたため、ご両親、お二人の祖母、ご兄弟三人について、順に相続放棄の申述の申立てをしました。   ・結果  債権者のうちの一社から、全ての相続人についての相続放棄の申述を求められため、ご両親、お二人の祖母、三人のご兄弟について、順に相続放棄... 続きはこちら≫

2022年10月12日

No.131 女性・相談内容: 遺留分侵害額調停事件⇒ 遺留分侵害額請求調停により250万円を取得することができた事例

遺留分侵害額調停事件 ・事情  依頼者のお祖母様がお亡くなりになり、依頼者の妹に全財産を渡す内容の遺言書がありました。もっとも,お祖母様の遺志に合致していないと考え,調停を申し立てることになりました。   ・結果  相手方は,相続預金を引き出したり,私的な支出を必要経費であると主張していましたが,そちらは不適... 続きはこちら≫

2022年10月05日

No.130 女性・相談内容: 遺言執行事件⇒ 遺言執行した事例

遺言執行事件 ・事情  弊事務所で公正証書遺言を作成されていた方(依頼者のお姉様)が亡くなり,弊事務所の弁護士が遺言執行者に指定されていましたので,遺言執行を行うことになりました。 ・結果  依頼者は法定相続人ではありませんでしたので,法定相続人の方々に対し,遺言執行者に就任した旨の通知を送りました。 また,主な財産は... 続きはこちら≫

0120-115-456 受付時間 平日9:00〜19:00 土曜日相談実施

メールでのご予約も受付中です

相続無料相談会

第二・第三土曜日に開催中! 場所:東大阪法律事務所/奈良法律事務所

詳しくはこちら