NO.76 男性・相談内容:遺産分割 ⇒ 遺産分割協議書を作成し、相続登記を行った事案

女性

相談内容:遺産分割

・事情

 相談者は、父方の母が亡くなったため、代襲相続をしたところ,父の兄弟から調停を起こされました。寄与分の主張と相続財産の持ち戻し(約200万円)を主張されて、相談に来られました。

・経過と結論

 調停で,相手方の寄与分の主張が認められないことを主張をし,死亡後の引出し額についても相続人の間の同意を得て葬儀費用等に充てたことなどを主張した結果,法定相続分から50万円程度譲歩するのみで比較的早期に遺産分割協議を成立させられることができました。

・今回の解決事例のポイント

 早期に寄与分の適切な反論をしたことで,寄与分が認められないことを調停委員に理解してもらい,それを前提に話を進めたことで持ち戻しなどもあったものの,少額の譲歩で遺産分割を成立させられました。

The following two tabs change content below.

黒田 充宏

大阪府大阪市生まれ。総合ゼネコン勤務後、司法書士合格後 司法書士事務所勤務を経て、司法試験合格。東大阪と奈良に拠点を構え、地域密着型で相続案件のサポートにあたっている。相続案件の解決指針として、人間関係に配慮し、被相続人の意思を尊重することをモットーとしている。
0120-115-456 受付時間 平日9:00〜19:00 土曜日相談実施

メールでのご予約も受付中です

相続無料相談会

第二・第三土曜日に開催中! 場所:東大阪法律事務所/奈良法律事務所

詳しくはこちら