NO.63 女性(43歳)・相談内容:遺産分割協議 ⇒ 遺産分割協議において、墓代や葬儀費用の負担について他の相続人の理解を得ることができた事案 

女性(43歳)

相談内容:遺産分割協議

・事情

 遠方に住んでいた父親が亡くなったため、相続が発生しました。 相続人は相談者と弟と、母親違いの兄弟2名の4名がいましたが、全員疎遠になってるため連絡がとりづらい状況でした。 債務がありましたが、金額や時効の成否が不明でした。 何から手を着ければわからないとのことで相談に来られ、その後、手続きを一任すべく依頼されました。

・経過と結論

 相続人のうち、1人は相続を辞退しました。 他の相続人との間で、遺産全体から葬儀費用、墓代、弁護士費用を控除した金額を3分の1ずつ分配することに同意を得て、各人が評価額約510万円の遺産を相続しました。

・今回の解決事例のポイント

 遺産の総額を確認すべく、不動産を査定し、預金額を調査しました。 また、債務については債権者に連絡をとり、時効が成立していることについて確認をとりました。 そのうえで、各相続人と連絡をとり、相続開始したことを手紙、電話にて丁寧に説明し、また墓代や葬儀費用の負担についても協力を求めました。 結果、墓代や葬儀費用の負担について他の相続人の理解を得ることができ、遺産分割協議が成立しました。

The following two tabs change content below.

黒田 充宏

大阪府大阪市生まれ。総合ゼネコン勤務後、司法書士合格後 司法書士事務所勤務を経て、司法試験合格。東大阪と奈良に拠点を構え、地域密着型で相続案件のサポートにあたっている。相続案件の解決指針として、人間関係に配慮し、被相続人の意思を尊重することをモットーとしている。
0120-115-456 受付時間 平日9:00〜19:00 土曜日相談実施

メールでのご予約も受付中です

相続無料相談会

第二・第三土曜日に開催中! 場所:東大阪法律事務所/奈良法律事務所

詳しくはこちら